ジャガイモの値段が高い理由・安く買う方法

2016年、ジャガイモの値段が一気に上がりました。

カレーライスを作ろうと思いスーパーに行ったとき、4個298円で平然と並んでおり、かなり驚きました。思わず買い控えをしてしまい、結局カレーはジャガイモ抜きで作った思い出があります。

そこで今回は、「ジャガイモの値段が上がっている理由」と、「どうすればジャガイモを安く買えるか」を紹介します。

1 ジャガイモの値段が高い理由

ジャガイモの値段が上がっている理由は、「天候」が挙げられます。

2016年度の北海道は雨や雪が多く、また寒暖差も多いこともあり出荷量が減っています。なお、2015年も出荷量が減り価格が高騰していますが、2014年は降水量が少なかったため出荷量、値段ともに安定しています。

4個298円もする!? ジャガイモの値段が高い理由と対策法

1-1 ジャガイモの特徴

☆一度に大量に出来る分、価格は安い
☆しかし、雨や寒気にめっぽう弱い

ジャガイモには上記の特徴があるため、雨・寒気が多いと収穫量が減り、価格も上がります。雨や寒さに弱い理由は、①ジャガイモの表皮は薄く傷つきやすいため、②ジャガイモは土に水分が多いと腐りやすくなるためです。

ジャガイモはとにかく腐りやすいです。大雨が降った後に収穫体験をすると、まるで「ゾンビ」のように溶けているジャガイモが大量に土から出てくるため、食べることが出来るジャガイモの量が大幅に減ります。

2 ジャガイモを安く買う方法

では、ジャガイモの値段が高いなか、どのように工夫ができるのでしょうか。

ジャガイモを安く買う方法として、安いセールのときにまとめ買いといった方法も考えられますが、ジャガイモをまとめて現地から直接買い、長期保存をすればかなりお得です。

2-1 ジャガイモを直接買うメリット

☆ スーパー ⇒ 1000円 / kg
☆ 安いスーパー ⇒ 600円 / kg
☆ 直接購入 ⇒ 300円 / kg

ジャガイモをキロ単価にすると上記の一覧表になります。このように見ると、現地で直接取り寄せることは大きなメリットになります。

直接購入の値段が安い理由としては、ジャガイモが生産されてから私たちの手元に届くまでの流通ルートを減らす、つまり「中抜き」が挙げられます。

2-2 中抜きとは?

◆通常の配送ルート
①生産者→②農業団体→③卸→④スーパー→⑤消費者

◆直接購入
①生産者→(②通販会社など)→③消費者

直接購入をすると「中間マージン」の分を安く購入できる仕組みになっています。通販会社からの購入でも、通常の配送ルートと比べると2つも流通ルートを減らすことが出来るため、その分の中間マージンを減らすことができます。

また、「中抜き」により、収穫してから手元に届くまでの時間も短くなるため、新鮮で美味しいものが食べられる特典も付きます。

ジャガイモの値段が高い理由・安く買う方法

2-3 ジャガイモを直接買うデメリット

送料・値段を考えて直接取り寄せると、10キロ単位といった量でしか取り寄せられない点がデメリットです。しかし、ジャガイモはもともと保存が利く野菜です。湿気の少ない冷暗所で保存をすれば数ヶ月~半年保存が出来ます。

2-4 ジャガイモの保存方法

【保存方法】
☆風通しの良い冷暗所(冷蔵庫は湿気が多いためNG)
☆または一度ふかして冷凍保存

【ダンボールで買った場合の保存方法】
①中身を出す
②腐っているものがあるかチェック
③新聞紙の上に、ジャガイモをなるべく重ならないよう置く
④風通しの良い冷暗所に保存

特に湿気・温度に注意して保存しましょう。ダンボールで購入した際の保存方法も加えて記載しておきますので、ぜひ参考にして下さい。

ジャガイモが高い理由・安く買う方法まとめ

【ジャガイモが高い理由】
☆気候の影響が大きい
→水に大変弱い

【ジャガイモを安く買う方法】
☆現地から直接ジャガイモを買う

今シーズンは、ジャガイモの値段がとても高いです。

そのため、ジャガイモを直接現地から買うことも「賢い選択」です。長期保存に気をつけるだけで、簡単に大きな食費節約になります。ジャガイモが高いと感じている方は、ぜひ「直接」買うという選択肢も参考にしてみて下さい。

 

★料理名・材料などで検索♪★
・料理 → 唐揚げ、ポテトサラダ、チーズケーキなど
・食材 → 鶏胸肉、なす、キャベツなど
・その他→ スーパーのセール品や冷蔵庫の残り食材など(笑)

料理名・材料などで検索♪


関連記事